鈴木 康志(Yasushi Suzuki)Profile

1986年、中学校の同級生である高橋佳生とSCREENとしてアポロンよりデビューし、シングル2枚とアルバム1枚をリリース。
1989年に解散後、ソロ活動に入り、東芝EMIから1枚、コロムビアからオムニバスアルバムを2枚リリース。また作家としても多くのアーティストに曲の提供を始める。
その後、音楽ディレクター及びプロデューサーとして数多くの作品を手掛ける。
現在は、株式会社ラッシュの代表としてアーティストのプロデュースを手掛けつつ、ヴォーカルスクール studio RUSHにて、アマチュアからプロまで多数のスクール生を指導。
また、KWC(カラオケ ワールド チャンピオンシップス)の日本大会、アジア大会の審査員など、外部のカラオケ大会等の審査員もつとめる。
2013年、ヴォーカルテクニックに関する独自の理論、指導法をまとめた著書「もう一曲聴きたい!と言わせるヴォーカルテクニック」を出版。
2014年、28年ぶりにSCREENとしての活動を再開。シングル「夢ふたたび」をリリース。
2015年、初のソロアルバム「Dearly」をリリース。アーティストとして、自身のライブ活動の他、作家としても更に力を入れて活動中。

株式会社ラッシュ 代表

 


<楽曲提供作品>

2015年 クリス・ハート「memento」、たま&エミー「恋の花咲くお年ごろ」
高橋真理子 「家」、松崎しげる 「星の夜だから」、池田聡 「空色のバス」、未来-MIKU- 「愛する人」 他多数

<プロデュース及びディレクション作品>

1993〜 森下由実子 「TEARS」 Al.「KICK OFF」 他
1993〜 中原薫「街中の素敵みんな着飾って」
1993〜 REV 「抱きしめたい」 Al.「REV」 他
1994〜 近藤房之助 「夢の尻尾」 他
1994〜 PAMELAH 「LOOKING FOR THE TRUTH」 Al.「TRUTH」「PURE」 他
1997〜 出口雅之 「奇跡の風」 Al.「EGOIST」 他
1998〜 Misty Eyes 「CAN'T STOP LOVING」 他
1998〜 elika 「Smile Again」 他
1999〜 DOGGYBAG 「扉」「ミレニアムベイビー」
1999〜 未来-MIKU- 「素直になれなくて」「HANABI」 他
2007〜 Peach Jam 「一生分の愛を君に」 他
他多数

<コーラス、コーラスアレンジ及びアコースティックギター参加作品アーティスト>

B'z 、大黒摩季、ZARD、TUBE、織田哲郎、WANDS、T-BOLAN、DEEN、REV、近藤房之助、PAMELAH、宇徳敬子、出口雅之、未来-MIKU- 他多数